アマチュアムービーガイド

[写真と映像] ローパスレスのフルサイズカメラNikon D800E

Nikon D800E

D800EはD800とほぼ同時期に発売されたカメラだ。
その違いは、D800EはD800と違い、ローパスレスになっている点だ。
ローパスレス、この単語だけで意味が解る人はこのコラムを読んでいないだろう。
ローパスレスとは、多くの一眼レフカメラにはモアレや色収差を軽減する為のフィルターが付いている。その効果を無くしたものとなっている。
簡単に説明すると、D800Eはフィルターが1枚、D800よりも少なくなっている(キャンセルされている)ため、その分D800よりも高画質で撮影できるということだ。

はじめに、その違いに気づくことは少ないだろう。ましてや、このカメラからはじめた人はすこし変な模様がでるな、ぐらいにしか思わないだろう。
私はD800Eの前にD300S、D5000を使っていた。初めは違いに気が付かなかったが、徐々にこの機材に慣れてきてその違いに驚くことになった。
やはり依然と違い、間違いなくモアレなどは出やすくなっている。自分の腕の所為かそれに気が付くのが遅れてしまったが、この差は非常に大きい。撮影では気を付ける必要がある。しかし、このローパスレスという機能を使いこなすことができれば、より高画質で鮮明な映像や写真を撮る事ができるだろう。一歩先へ行くクリエイターにローパスレスはオススメだ。

D800Eはフルサイズということもあり、非常に重たい機材になっている。安定はするが、この重たさが苦手な人も多いだろう。写真撮影の場合、片手で持つことがほとんどだろう。正直私も腕がしびれて長時間の撮影は厳しい、それほど、重たい機材になっている。
だが、D800Eのスペックからすれば、このカメラの重さなど小さな問題に過ぎない。
しかし、2年間使った私が思うに、この重さに慣れることは無い。
また、私は少し機材の扱いが荒い。気を付けなければとは思うがライブなどの撮影時ではちょくちょく物が壊れてしまう。しかし、このカメラだけは未だに壊れた事はない。そのぐらい丈夫なカメラになっている。
しかし、ライブの撮影時では埃などに気を付けなくてはならない、D800Eは防塵防滴だが、レンズを替える時は無防備だし、気を付けることに越したことはない。

センサー切り替え

D800/D800Eは、フルサイズのFXフォーマットからAPS-CのDXフォーマットに切り替えが可能となっている。少し距離が足りないなと思った時に切り替えることで、このカメラ1台で様々な現場に対応することができる。写真は勿論のこと、映像撮影時にも切り替えが可能で、カメラマンには非常にありがたい機能だ。

映像を撮影する上で正直な所、このカメラをお勧めしない。なぜならこのカメラは2年前のカメラだ。現在、最新のD810が発売されており、60fpsでの撮影や映像のビットレートもD800Eよりも高くなっている。
また、4Kに対応していない。これはD810にも言えることだが、映像は現在4Kにシフトしている。私は映像用にBlackMagic 4Kも使用している。映像のみであれば、この後コラムを書く予定のBlackMagicをお勧めする。
しかし、一眼レフカメラのいい点は写真を撮影でき、映像も撮影できるということだ。
ふらっと気分で散歩をする時に、何を持っていくだろうか、ビデオカメラを選ぶことは少ないだろう。初めてのカメラであれば、映像も撮影できる一眼レフを購入しよう。

最後に私が言いたいのは、これからD800Eを選ぶのはやめようということだ。
Nikonで選ぶのであれば、D810を強くお勧めする。
映像機材はなるべくその当時の最先端を選ぶ方がいい。
ではなぜ、私がD800Eを使用しているのかというと、私が買った時にNikonの最先端はD800/D800Eだったのだ。
また、買い替えない理由も、D800Eで写真は満足しており、BlackMagicという映像用のカメラも持っている。
さらに今現在D800Eを完全に使いこなしている自身がまだない。その為、このカメラを使いこなせると自分で思うまで使い続けたいと思っている。
映像の一眼レフカメラはCanonという風潮も実際にはあるが、私はNikon映像の波が来ると読んでいる。
それぐらいNikonはユーザーを考えた、精巧で精密なカメラを設計している。
また、Nikonにはアウトレットショップが存在しており、その利便性は非常に高く、欲しいレンズがいつでも売っているわけではないが、在庫があればお求めやすい値段になっている。
レンズなど様々な点でコストがかかる機材集めを少しでも楽にしてくれるだろう。
D800Eを使っているユーザー、だけに限らずカメラを愛する人達がいたら、一度情報を共有してみたいものだ。
この記事を読んで、僕という人物とD800Eの関係性、そしてD800Eについて少しでも雰囲気を掴んでいただけたら幸いだ。

(執筆 : 中西英介)
中西英介(なかにし えいすけ) 映像から写真、WEB制作、デザインまで様々なクリエイティブ制作を手掛ける。faxtate(ファックステイト)の代表。
HP : http://faxtate.com/
Twitter @faxtate

関連記事

コメントを残す