アマチュアムービーガイド

撮像素子

デジタルカメラに内蔵された、光を電気信号として蓄える素子でCCDやCMOSなどのセンサーのことで別名イメージセンサーという。
一眼レフカメラでは主にCMOS素子が採用されている。
最近ではCCD素子とCMOS素子両方の利点をあわせ持つMOS撮影素子が登場した。
センサーには、フルサイズ(36.0×24mm)、APS-C(23.5×15.7mm)、4/3型/LiveMOS センサー/フォーサーズ(17.3×13.0mm)などの規格がある。