アマチュアムービーガイド

説明

800×480と画質は期待できないが、値段相応と言った感じか。映像の確認や共有モニターとしての使用するのを進める。フォーカス以外の細かい映像の確認はカメラモニターで対応した方がいいかもしれない。バッテリーが別で必要で2000円~3000円ぐらい必要でモニターだけの値段で判断しないようにすること。一眼レフカメラで使用できるHDMI端子がついているモニターとしてはかなりお手頃な価格となっている。店舗で実際に使用させて頂けるので確認してからの購入を進める。

サンコー公式スペック詳細

説明

Lilliput 7インチ液晶モニターはコストパフォーマンスが高いモニターで、解像度は1024×600。映像を細かく確認するのであれば1280×800は欲しいが、モノクロ、ピーキング機能が付いている為フォーカスの確認には最適のモニターと言える。

電源がACアダプタ以外で使用するには別売りのバッテリーが必要となる。撮影時には最低2個は用意しておく必要がある。なぜかバッテリー充電器は付属しているという、ありがたいのかありがたくないのかわからない仕様。7インチということもあって映像の確認しやすく共有には最適。付属のアクセサリー類は貧弱であてにならない。その為、新たにカールコードのHDMIケーブルを買い、ホットシューアタッチメントは強固な物を買う必要がある。

映像が認識・表示されるまで数秒時間がかかりガマンする必要がある。

デメリットも多数存在するがモニターとしては優秀でコストパフォーマンスが高い。これ以上の物になると3万から4万円ほどするので、このくらいのモニターがベストではないだろうか。

特集記事

コラム

機材一覧

  • カメラ
  • レンズ
  • 三脚
  • ステディカム
  • クレーン
  • ドリー・スライダー
  • モニター
  • フィルター
  • 撮影補助器具
  • メモリーカード
  • マイク
  • レコーダー
  • 編集ソフト
  • フリーBGM