アマチュアムービーガイド

映像機材としてのGoPro HERO4 Silver Edition

GoPro HERO4 Silver Editionは2014年10月5日に発売された。
GoProのHEROシリーズは世界で最も有名なアクションカメラの1つ。数多くのユーザーが多様な場所で使用している。
とても小型で様々なもの取り付け撮影でき、ハウジングも最初からついているので、防水も完備している。

HERO4 Silver Editionは前作からどのように進化したのか?
ハウジングは40mの対応のもので前作と変わらない。
HERO4からWi-FiだけでなくBluetoothにも対応した。
3+から搭載されたSuperViewモード、オートローライトに加え、Protune 静止画+動画、
ナイトフォト+ナイトラプス、HIGHLIGHT TAGが搭載された。
Protuneではより高度な画質の設定が可能になり。
ナイトフォト+ナイトラプスでは暗所での撮影に対応しており、夜間の長時間露光撮影での撮影が向上した。
HIGHLIGHT TAG では、動画にタグを打てるようになった。これによって撮影中にこのシーンは使いたいと思った所にタグが打て、撮影後にチャプターで飛ばせるようになった。
様々な面で進化したGoPro HERO4だが、Silver Editionで一番の注目すべき点はやはりタッチ式液晶モニターが内臓されたことだろう、これにより映像の確認や操作が背面のモニターで簡単にできるようになった。

大幅に進化したHERO4 Siver Edition Black Editonと比べると劣る点も多々存在するが、モニターなどSilver Editionにしかない利点も存在する。どちらを選ぶかは状況によって判断すべきだろう。

・リンク
Youtube GoPro HERO4 Silver Edition 検索結果

映像機材としてのGoPro HERO4 Black Edition

GoPro HERO4 Black Editionは2014年10月5日に発売された。
GoProのHEROシリーズは世界で最も有名なアクションカメラの1つ。数多くのユーザーが多様な場所で使用している。
とても小型で様々なもの取り付け撮影でき、ハウジングも最初からついているので、防水も完備している。

HERO4 Black Editionは前作からどのように進化したのか?
ハウジングは40mの対応のもので前作と変わらない。
HERO4からWi-FiだけでなくBluetoothにも対応した。
3+から搭載されたSuperViewモード、オートローライトに加え、Protune 静止画+動画、
ナイトフォト+ナイトラプス、HIGHLIGHT TAGが搭載された。
Protuneではより高度な画質の設定が可能になり。
ナイトフォト+ナイトラプスでは暗所での撮影に対応しており、夜間の長時間露光撮影での撮影が向上した。
HIGHLIGHT TAG では、動画にタグを打てるようになった。これによって撮影中にこのシーンは使いたいと思った所にタグが打て、撮影後にチャプターで飛ばせるようになった。
さらに、内臓マイクが改良されオーディオ品質が向上した。
様々な面で進化したGoPro HERO4だが、Black Editionで一番の注目すべき点はやはり4Kの30fps撮影に対応した事だろう、これにより4Kでの実用的な撮影が可能になった。さらに1080p(Full HD)での120fps撮影も可能になり、高画質でハイスピード映像が撮影できるようになった。

大幅に進化したHERO4 Black Edition 価格は今までで最も高いが値段に見合う性能となっている。

・リンク
Youtube GoPro HERO4 Black Edition 検索結果

映像機材としてのGoPro HERO3+ Silver Edition

GoPro HERO3+ Silver Editionは2013年11月に発売された。
GoProのHEROシリーズは世界で最も有名なアクションカメラの1つ。数多くのユーザーが多様な場所で使用している。
とても小型で様々なもの取り付け撮影でき、ハウジングも最初からついているので、防水も完備している。

Silver Editionとは価格と機能を抑えたモデルとなっている。
Black EditionではWi-Fiリモートコントローラーが付属しているが、Silver Editionでは付属していない、しかし、スマートフォンなどで操作できるため必要性は少ない。
映像のビットレート(質)もBlack Editionより抑えた形となっている為、よりハイグレードな映像を求めるならBlack Editionを一択と言える。

HERO3+ Silver EditionはHERO3と何が違うのか?
ハウジングが60m対応のものから40mの対応のものになり、小型化された。
HERO3からWi-Fiが搭載された、これによりスマートフォンやタブレットでの設定や操作、モニタリングが可能になった。これにはつながる際にラグが存在したが、HERO3+からはシームレスにつながるようになった。
さらにHERO3より発熱が抑えられ、バッテリーは1個当たりの撮影時間も若干伸びた。※予備バッテリーは相変わらず必須といえる

このGoPro HERO3+ Silver Editionだが、現現在HERO4が発売されている為、価格以外に選択する理由はない。

・リンク
Youtube GoPro HERO3+ Silver Edition 検索結果

映像機材としてのGoPro HERO3+ Black Edition

GoPro HERO3+ Black Editionは2013年11月に発売された。
GoProのHEROシリーズは世界で最も有名なアクションカメラの1つ。数多くのユーザーが多様な場所で使用している。
とても小型で様々なもの取り付け撮影でき、ハウジングも最初からついているので、防水も完備している。

HERO3+ Black EditionはHERO3 Black Editionと何が違うのか?
ハウジングが60m対応のものから40mの対応のものになり、小型化された。
HERO3からWi-Fiが搭載された、これによりスマートフォンやタブレットでの設定や操作、モニタリングが可能になった。これにはつながる際にラグが存在したが、HERO3+からはシームレスにつながるようになった。
さらにHERO3より発熱が抑えられ、バッテリーは1個当たりの撮影時間も若干伸びた。※予備バッテリーは相変わらず必須といえる
また、SuperViewモードが搭載され、より広角での撮影が可能になり、今まで映らなかった場所も映るようになった。
新機能オートローライトが搭載され、HERO3では暗所での撮影が人の顔がつぶれるなど困難であったが、HERO3+Black Editionでは暗所での撮影が可能となり、低光量撮影でのパフォーマンスがアップしている。

このようにHERO3から進化したGoPro HERO3+ BlackEditionだが、現在では最新モデルのHERO4が存在している為、新品は出回っていない。

・リンク
Youtube GoPro HERO3+ Black Edition 検索結果

映像機材としてのGoPro HERO3 Black Edition

GoPro HERO3 Black Editionは2012年11月 8日に発売された。
GoProのHEROシリーズは、世界で最も有名なアクションカメラの1つ。数多くのユーザーが多様な場所で使用している。
とても小型で様々なもの取り付け撮影でき、ハウジングも最初からついているので、防水も完備している。

このHERO3 Black EditionではHERO2から4K 2.7Kの撮影に対応し、Full HD(1080p)の撮影でも60fpsが撮影できるようになった。
これにより高画質な動画が撮影できるようになったと同時に、60fpsというハイスピード撮影も可能になった。Full HD(1080p)でなくていいのであれば120fps や 240fpsも可能。
ただし、4Kの撮影は15fpsのみの対応になっているので、常用で使うことはできないので4Kの撮影に過度な期待は禁物。

HERO3からWi-Fiが搭載された、これによりスマートフォンやタブレットでの設定や操作、モニタリングが可能になった。しかし、映像は数秒のラグが生じるので画角を決める参考と、確認用に使用することを進める。
バッテリーは1個当たり大体1時間ぐらい撮影できる。バッテリー1個だけでは足りないので、予備のバッテリーを用意することは必須となる。

GoProの魅力はなんといっても対応アクセサリーの豊富さだろう。様々なシーンが想定されているので撮影したい状況に合わせてアクセサリーを選ぼう。
GoPro専用のマルチコプターやジンバルが存在するので、そろえるとかなり遊びの利いた映像が撮影できる。

このように様々な場所に対応した撮影が可能なGoPro HERO3 BlackEditionだが、現在では最新モデルのHERO4が存在している為、新品は出回っていない。

・リンク
Youtube GoPro HERO3 Black Edition 検索結果

特集記事

コラム

機材一覧

  • カメラ
  • レンズ
  • 三脚
  • ステディカム
  • クレーン
  • ドリー・スライダー
  • モニター
  • フィルター
  • 撮影補助器具
  • メモリーカード
  • マイク
  • レコーダー
  • 編集ソフト
  • フリーBGM