アマチュアムービーガイド

説明

素材はアルミダイカスト製で造りはしっかりとしている。積載重量も5.0kgまでと2.5kgのカメラを2台載せることができる。三脚は安定した物を使用する必要があるが、1台の三脚で2台のカメラで同時に撮影できる。比較映像や広角、望遠と異なる2つの焦点距離が必要な場合使用してみてはいかがだろうか。優先度は低く日常使うことはほとんどないだろう。

説明

PH-368は定番のビデオ雲台で1994年3月に発売された。

対応ネジ穴は UNC1/4(細ネジ) 。ネジ穴の間違いが多いので購入の際に注意しよう。この雲台はKonova社のスライダーKシリーズに搭載することができる。

パンをする際に硬く、雲台その物が回転してしまう。ビデオ雲台という割に使用感は悪い。10年以上前の製品なので値段以外のメリットはほとんど存在しない。

三脚はセットの物の購入を進めるので、Konova製のスライダーなどネジ穴の問題で、カメラをそのままセットできない機材に噛ませる為に使用することを進める。

単体で雲台が欲しい場合は自分の三脚を持って実際に使用して購入を検討してほしい。

説明

EX-マクロは2013年3月に発売された。主にマクロ撮影などのローポジションで使用する為の三脚。写真がメインだが、映像でもローアングルを撮影する際に1台持っておくと便利な三脚となっている。最低高が203mmと非常に低く、パンやティルトには向かないが画角を決めての撮影には向いている。また、耐荷重も1.5kgまでとある程度のカメラを載せることができるのはうれしい。値段も手頃でお求めやすいミニ三脚といる。

説明

1994年3月にVellbonから発売された三脚で、雲台と三脚がセットになっている。

コストパフォーマンスが高くビデオ雲台としては非常にお手頃な価格。使いやすく使用感で不満なことはない。難点としては携帯性を優先している為、耐荷重が2.0kgと大型のカメラでは厳しく、5DやD800などもレンズによっては2.0kgを超える為注意が必要となる。載せることができないわけではないが、もしもの時があるため載せる重量は気にするようにしよう。

現在生産は中止されており、中古して出回っていないが値段も安いのでメインとしては耐荷重にやや不安があるが、サブとしては軽量で携帯性も高いので優秀な三脚と言える。

特集記事

コラム

機材一覧

  • カメラ
  • レンズ
  • 三脚
  • ステディカム
  • クレーン
  • ドリー・スライダー
  • モニター
  • フィルター
  • 撮影補助器具
  • メモリーカード
  • マイク
  • レコーダー
  • 編集ソフト
  • フリーBGM