アマチュアムービーガイド

EOS 5D Mark III

主なスペック
画素数2230万画素
撮像素子フルサイズ 36mm×24mm CMOSセンサー
画像処理エンジンDIGIC5+
AFポイント61点(うちクロスが最大41点)
記録メディアコンパクトフラッシュ
SDHCカード
SDカード
SDXCカード
レンズマウントEFレンズ
ISO感度100から25600
拡張 ISO50、51200、102400
動画記録画素数Full HD (1920×1080)
フレームレート30fps 25fps 24fps (HD 1280×720 60fps)
ファイル形式MOV
映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264 可変(平均)ビットレート方式
音声記録方式リニアPCM
液晶モニター3.2インチ 固定
104万ドット
サイズ152×116.4×76.4mm
重量本体のみ 860g バッテリー込 約950g

映像機材としての5DMarkⅢ

5DMarkⅢの発売日は2012年 3月22日、前作の5DMarkⅡが2008年11月29日と約4年たっている。
映像、カメラ業界に多大な影響を与えた5DMarkⅡの発売から約4年、多くの進化を求められた5DMarkIIIだが一体どのような進化を遂げたのか。

前作から画像処理エンジンがDIGIC4からDIGIC5+に向上したことにより高感度でのノイズが軽減された。
現在Canonが出している一眼レフカメラの中でフルサイズ機ということもあり最もノイズが少ない機種の一つになっている。
その事もあって映像を撮影する上でのISO感度を1600まで上げて撮影が可能。(状況によってはそれ以上でも可能)
また、アップデートによりHDMI出力が可能になった。
これまでは、カメラにHDMI端子を接続すると液晶モニターは消灯していたが、このアップデートにより液晶モニターと外部モニターに同時出力が可能となり、映像の共有がしやすくなった。
さらにAFのポイントも61点に増えており精度も向上しているが、動画撮影用のAFではないので使用はおすすめできない。
また記録媒体は2スロットあり、SDカードとコンパクトフラッシュ(CF)を両方とも使うことができる。
長時間の撮影ではカードを替えることなく撮影できるので非常に安心だ。
映像の色味としては5DMarkⅡを受け継いだコントラストの高い映像で、前作よりモアレも軽減されている。
いい点はそのままで暗い所の撮影がしやすくなるなど、大幅な進化は無いが堅実な進化を遂げたと言えるだろう。

しかし、購入するにあたって問題が多々存在する。

第一に、値段の問題があげられる。
プロフェッショナル機であることとフルサイズであることから、本体からレンズまですべてにおいて値段が高い。
このカメラを買ってレンズを妥協することはもったいない。
レンズまで揃える気がないのであれ他の機材を買うべきだ。

第二に、機材自体の重さ。
バッテリー込みの本体だけで約950g、レンズを着けると約2.0kgになる。
ずっと持っているには重たい。
手持ちでの撮影やスタビライザー・リグを使っての撮影では重いので注意が必要である。
ステディカムなどを選ぶ上でも耐荷重が2.0kg以上の物を選ぶ必要がある。

第三に、FHD60fpsに対応していない。※2015年11月追記
Full HD (1920×1080)では60fps対応しておらず、HD (1280×720) のみ60fpsに対応している。
現在FHDでの60fpsは基本になっている。
できればあった方がいいというだけだが懸念として表記しておく。

第五に、4K収録に対応していないこと。※追記2015年11月
映像業界は今後間違いなく4Kにシフトしていく。
今後のことを考えると4Kで収録できるカメラを持っておくと安心だ。
これはあくまで今後の話でほとんどの場合現在もFHD収録がメイン。

現在、GH4、Blackmagic Production Camera 4K、a7シリーズなどの4Kを収録できるカメラが多数存在する。
映像業界が4Kへとシフトしている中で、5DMarkIIIはスペック面で新しい他のカメラに劣る部分も間違いなくあるだろう。
しかし、写真と映像の両立を考えるとこのカメラは非常に魅力的で、まだまだ写真・映像両方の現場で活躍している。
EOSMovieの代名詞ともいえる5DMarkIIの正当後継機EOS 5DMarkIII、写真・映像の両方を極めたい方に是非おすすめしたいカメラだ。

・リンク
Youtube 5DMarkⅢ 検索結果

EOS 5D Mark III と同等の機材

D810

主なスペック
画素数3635万画素
撮像素子フルサイズ 35.9mm×26mm CMOSセンサー、ニコンFXフォーマット
画像処理エンジンEXPEED 4
AFポイント51点(うち、15点はクロスタイプセンサー、11点はF8対応)
記録メディアコンパクトフラッシュ
SDHCカード
SDカード
SDXCカード
レンズマウントニコンFマウント(AFカップリング、AF接点付)
ISO感度64から12800
拡張 ISO32相当、51200相当
動画記録画素数Full HD (1920×1080)
フレームレート60fps 50fps 30fps 25fps 24fps
ファイル形式MOV
映像圧縮方式H.264/MPEG-4 AVC
音声記録方式リニアPCM
液晶モニター3.2インチ 固定
122.9万ドット
サイズ146×123×81.5mm
重量本体のみ880g バッテリー込 約980g

D800 / D800E

主なスペック
画素数3630万画素
撮像素子フルサイズ 35.9mm×24mm CMOSセンサー、ニコンFXフォーマット
画像処理エンジンEXPEED 3
AFポイント51点(うち、15点はクロスタイプセンサー、11点はF8対応)
記録メディアコンパクトフラッシュ
SDHCカード
SDカード
SDXCカード
レンズマウントニコンFマウント(AFカップリング、AF接点付)
ISO感度100から6400
拡張 ISO 50 80 8000 25600相当
動画記録画素数Full HD (1920×1080)
フレームレート30fps 25fps 24fps (HD1280×720 60fps)
ファイル形式MOV
映像圧縮方式H.264/MPEG-4 AVC
音声記録方式リニアPCM
液晶モニター3.2インチ 固定
92万ドット
サイズ146×123×81.5mm
重量本体のみ 900g バッテリー込 約1000g

コメントを残す