アマチュアムービーガイド

LUMIX DMC-GH4

主なスペック
画素数1605万画素
撮像素子フォーサーズ 4/3型Live MOSセンサー
画像処理エンジンヴィーナスエンジン
AFポイント49点
記録メディアSDHCカード
SDカード
SDXCカード
レンズマウントマイクロフォーサーズマウント
ISO感度200から25600
拡張 ISO100
動画記録画素数4K (3840×2160) Full HD (1920×1080)
フレームレート30fps 24fps (Full HD 60fps※96fps)
ファイル形式AVCHD / AVCHD Progressive / MOV / MP4
映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264可変(平均)ビットレート方式
音声記録方式リニアPCM2ch(MOV/MP4) / AAC2ch(MP4) / Dolby Digital2ch(AVCHD)
液晶モニター3インチ フリーアングル
104万ドット
サイズ132.9×93.4×83.9mm
重量本体のみ約480g

映像機材としてのGH4

DMC-GH3の後継機、DMC-GH4は2014年4月24日に発売された。
世界発の4Kミラーレスとして登場したこのカメラは全ての面でGH3進化型と言える。
ボディの形状はマグネシウムボディでほとんど変わらない。
画素数も他のGHシリーズと同じく1605万画素と変わらない。
ではいったいどこが進化したのだろうか、答えはそれ以外ほぼ全てだ。

軽量ボディーに詰め込まれた多彩な機能

それでは進化したGH4の機能を紹介しよう。

第一に、4K内臓収録が可能になったこと
SDカード UHS-1 Speed Class3を推奨とすることで、4Kの内臓収録を可能にした。
4Kは4096×2160(C4K)/24fps、3840×2160(4K)/23.97fps/30fpsの2種類を選んで使うことができる。
4K収録時のビットレートは100Mbps

第二に、高ビットレートでの収録が可能
GH4はAll-Intra圧縮方式で最大200Mbps(FHD記録時)、IPB圧縮方式で、最大100Mbps(4K/FHD記録時)での記録を可能。

第三に、4K/FHD共に4:2:2 10bit出力が可能(HDMI)
ATOMOS社のSHOGUNやNINJA ASSASSINなどの対応した別売り外部収録機器が必要になるが、10bit非圧縮での出力が可能
10bitの広い階調でカラーコレクションが非常にしやすいというメリットは大きい。

第四に、最大96fpsのスローモーション撮影(FHD収録時)
バリアブルフレームレートモード(VFR)ではFHDでセンサー出力最高96fpsでの撮影が可能になる。

ハイスピート撮影によるスローモーションは非常に大きな武器となるだろう。

第五に、4KPHOTOの搭載
ファームウェアアップデートにより搭載された4K PHOTO」は4Kで収録された動画から1FPSを静止画写真として切り出すことができる撮影スタイル。
4K30pの場合「約8.3MBで30コマ/毎秒」の高速連写撮影が可能ということになる。
この映像と写真の両方を一度に収録することができる高速連写により、普段は逃してしまう瞬間を逃さず捕えることができるのだ。

第六に、アナモルフィックレンズに対応
ファームウェアアップデートにより、4:3 用アナモフィックレンズ使用による 3328×2496(4:3)動画撮影に適した[アナモフィック(4:3)] モードを搭載。

第七に、有償アップデートでLog収録に対応
有償ファームウェアアップデートを行うことで、V-Log/V-Log Lでの収録が可能に、LUT(ルックアップテーブル)は他Panasonic製品と同じV-Logのものを使用できる。
※Log収録とは、通常よりも800%ダイナミックレンジを拡大して収録し、カラーコレクションを最大限に活かす事の出来る収録方法

その他にも、便利なピーキング機能やフォーカスアシスト機能、バッテリー持ちも大幅に改善されている。
非常にユーザー目線に立ったカメラといえるだろう。

まとめ※2015年11月更新

発売から1年経った現在でも尚進化し続けるDMC-GH4。
4KやLog収録、スローモーションなど様々な機能が詰め込まれた夢のカメラになっている。
唯一懸念される点はやはりセンサーがフォーサーズ 4/3型Live MOSセンサーと些か小さいという点だけだろうか、暗い室内での撮影ではノイズに気をつける必要がある。
しかし、それ以外に不満な点が見つからないほどの完成度を誇るカメラとなっている。
初めてカメラを買う方や新しいカメラを探している方は是非検討してほしい。

・リンク
Youtube GH4 検索結果

コメントを残す