アマチュアムービーガイド

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

主なスペック
対応マウントニコンFマウント系
レンズタイプズーム
フォーカスAF/MF
レンズ構成11群14枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離14~24 mm
最短撮影距離0.28 m
最大撮影倍率1/6.7 倍
開放F値F2.8
手振れ補正機構なし
フルサイズ対応
最大径×長さ98x131.5 mm
フィルター装着不可
重量1000g

説明

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDは2007年11月30日に発売された。ニコンが誇る、F2.8通しのレンズ。

フルサイズ対応でAPS-C機でも使用することができる。

万能広角ズームレンズで14-24mmの範囲をカバーする。通しでF2.8と非常に明るく、開放からシャープで高い描写力を持っており、ボケ味も美しい。さらに絞ることで、より安定して高い画質を得ることができる。広角に多い4隅の流れも思ったより気にならない。色収差も抑えられている。

インナーズーム、インナーフォーカスでレンズも伸びず使いやすい設計になっている。画質も単焦点に近く、これ1本で14-24mmをカバーできてしまうため、まさに単焦点殺しのレンズと言える。

欠点を上げるとすれば、逆光でフレアが出やすいのと、構造上仕方がないがフィルターを付けることができないことだろう。1000gと非常にずっしりと重たく、カメラ本体と合わせて2kgを超えることもあるので持ち運ぶ際は覚悟がいる。歪曲に関しては広角レンズでは仕方がない部分もあるので、これはレンズの味として楽しむことを進める。

Nikonが誇る最高の広角ズームレンズになっている。弱点も少なくこのズーム域では他の追随を許さない。Nikonユーザーならば1度は手にしたいレンズになっている。

・リンク
Youtube AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 検索結果

コメントを残す