アマチュアムービーガイド

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II

主なスペック
対応マウントキヤノンEF-Sマウント系
レンズタイプズーム
フォーカスAF/MF
レンズ構成9群11枚
絞り羽根枚数6枚
焦点距離18~55 mm
最短撮影距離0.25m
最大撮影倍率0.34 倍
開放F値F3.5-5.6
手振れ補正機構
フルサイズ対応非対応
最大径×長さ68.5x70 mm
フィルター58 mm
重量200g

説明

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II は2011年3月3日に発売された。

APS-C専用のレンズになっている為、フルサイズ機では使用できない。

このレンズは、APS-C機のレンズキットについてくるレンズの1つ。IS付きで35mm換算約28.8-88mmと、初心者に非常に使いやすい標準ズームレンズになっている。

解像力もレンズキットとしてはという前置きが入るが優秀。重量も200gと軽く持ち運びには非常に便利。

しかし、このレンズだけで満足することは少ないだろう。まず、F3.5-F5.6と暗いレンズなのでボケには期待できず、明るいレンズが欲しくなるだろう。映像を撮影する場合、シャッター速度1/30以下にすることができないので撮影時に照明が必須になる。ダブルズームキットを購入した場合は別だが、このレンズだけでは望遠側が弱いので望遠レンズも必要になってくるだろう。

AF使用時に音が鳴るのは仕様なので、少し大きくても気にしてはいけない。

レンズキットのレンズとしては解像力もそこそこあるため、初心者のとりあえずの1本には十分なレンズになっている。

後継モデルはSTMがついており、非常に静かで快適なAFで動画にも最適なレンズになっている。さらにこのレンズよりも解像力は高い。余裕があればSTMが付いたレンズを選ぶべきだろう。

・リンク
Youtube EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II 検索結果

コメントを残す