アマチュアムービーガイド

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM

主なスペック
対応マウントキヤノンEF-Sマウント系
レンズタイプズーム
フォーカスAF/MF
レンズ構成11群13枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離18~55 mm
最短撮影距離0.25m
最大撮影倍率0.36 倍
開放F値F3.5-5.6
手振れ補正機構
フルサイズ対応非対応
最大径×長さ69x75.2 mm
フィルター58 mm
重量205g

説明

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM は2013年4月12日に発売された。

APS-C専用のレンズになっている為、フルサイズ機では使用できない。

このレンズは、APS-C機のレンズキットについてくるレンズの1つ。IS付きで35mm換算約28.8-88mmと、初心者に非常に使いやすい標準ズームレンズになっている。

描写力は高く、開放から非常にシャープで解像力も前作のII型よりも進化している。コントラストも高めでこってりと映る。重量も205gと軽く持ち運びには非常に便利。さらに、STM(ステッピングモーター)が搭載され、煩わしかったモーター音が無くなり、非常に静かで正確なAFができるようになった。

欠点を上げるとすれば、前作同様に暗さが上げられる。シャッタースピードを1/30以下にすることができない動画撮影では、明るいレンズの方が有利な為、この欠点が大きく響く場面が出てくるだろう。その時は、照明や単焦点などの明るいレンズで補うしかない。

このレンズは値段も手頃で、一眼レフ動画撮影デビューに最適のレンズと言えるだろう。APS-C機では間違いのない1本といえる。

・リンク
Youtube EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 検索結果

コメントを残す