アマチュアムービーガイド

EF16-35 F2.8L USM

主なスペック
対応マウントキヤノンEFマウント系
レンズタイプズーム
フォーカスAF/MF
レンズ構成10群14枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離16~35 mm
最短撮影距離0.28 m
最大撮影倍率0.22 倍
開放F値F2.8
手振れ補正機構なし
フルサイズ対応
最大径×長さ88.5x103 mm
フィルター77 mm
重量600g

説明

EF16-35mm F2.8L USMは2002年8月8日に発売された。

旧キヤノン大三元レンズの1つで、キヤノンが誇る、F2.8通しのレンズ。

万能広角ズームレンズで、16-35mmと非常に使いやすい範囲をカバーする。通しでF2.8と非常に明るく、広角側の16mm付近では4隅の流れが目立つが、Lレンズということもあり解像力は非常に高い。24mm付近ではEF24-70 F2.8L よりも解像力が高く、35mm付近ではEF24-70 F2.8Lの方が解像力は高い。必要に応じて補い合うことを進める。

Ⅱ型との主な差は、4隅の流れと逆光にⅡ型の方が強いということだろう。解像力も新型の方が高い。しかし、このレンズも十分解像力、描写力は高く今でも現役。

現在は、後継機のEF16-35mm F2.8L II USMが発売されており、生産が中止されている。その為、中古しか出回っておらず新品での購入は難しい。さらに修理もできなくなっている。性能も向上した、最新モデルのEF16-35mm F2.8L II USMの購入した方がいいだろう。しかし、中古でも問題がないのであれば性能は新型には劣るが、十分に優秀な名レンズなので値段を考慮しての購入を勧める。

・リンク
Youtube EF16-35mm F2.8L USM 検索結果

コメントを残す