アマチュアムービーガイド

EF24-105mm F4L IS USM

主なスペック
対応マウントキヤノンEFマウント系
レンズタイプズーム
フォーカスAF/MF
レンズ構成13群18枚
絞り羽根枚数8枚
焦点距離24~105 mm
最短撮影距離0.45m
最大撮影倍率0.23 倍
開放F値F4
手振れ補正機構
フルサイズ対応
最大径×長さ83.5x107 mm
フィルター77 mm
重量670g

説明

EF24-105mm F4L IS USM は2005年9月28日に発売された。

フルサイズ対応のレンズで、APS-C機にも装着することができる。

Lレンズの中では、安価で使いやすい標準ズームレンズとして、幅広く使用されている。F4通しでズームしてもF値が変わる事がなく撮影が可能。Lレンズなだけあって解像度・描画力共に非常に高い。大三元レンズなど、値段を気にしなければこのレンズよりも優秀なレンズは多々存在する。しかし、レンズキットでの購入ができると考えると、非常にコストパフォーマンスが高いレンズと言える。

レンズキットを購入する際に、EF24-70 F4L IS USMのレンズキットと悩むこともあるだろう。確かに、描画力・解像度でいえば同じLレンズで新しいEF24-70 F4L IS USMの方が勝っており、なおかつマクロ機能までついている。しかし、EF24-105 F4L IS USMは広角から中望遠まで撮影が可能で、この70mmと105mmの違いは非常に大きな差となっている。映像の撮影では、もうちょっと思う場面が多いので少しでも長いEF24-105 F4L USMをオススメする。さらに、価格もこちらの方が安価となっているのでより選びやすいだろう。

EF24-105 F4L USMは、1本で非常に応用の利く撮影が可能なレンズとなっており、単品買いではオススメしないが、フルサイズ機最初の1本としては間違いのないレンズと言えるだろう。

・リンク
Youtube EF24-105mm F4L IS USM 検索結果

コメントを残す