アマチュアムービーガイド

LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

主なスペック
対応マウントマイクロフォーサーズマウント系
レンズタイプズーム
フォーカスAF/MF
レンズ構成9群12枚
絞り羽根枚数7枚 (円形虹彩絞り)
焦点距離12~42 mm
最短撮影距離0.3 m
最大撮影倍率0.16倍
開放F値F3.5-5.6
手振れ補正機構
フルサイズ対応非対応
最大径×長さ56x49 mm
フィルター52 mm
重量165g

説明

LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. は2011年2月15日に発売された。

マイクロフォーサーズ規格対応のすべてのカメラで使うことができる。
35mm換算で24-84mm相当のレンズになり、常用の標準ズームレンズといえる。
165gと非常に軽量でコンパクト、さらにフォーカスを合わせる際にフィルター枠は回転しないため、偏光フィルターを使用しやすい。

小型なレンズでズームの際には若干やりづらさを感じることが多い。
全域でしっかりと映してくれ、レンズキットのレンズとしては十分な性能と言えるだろう。

しかし、F3.5-5.6とレンズ明るいレンズではなく、さらにマイクロフォーサーズセンサーということもあり、ボケはほとんど見られない。一眼レフカメラらしい、ボケ味を出したいのであればより明るいレンズが必要になる。

現在、このレンズは生産が中止されており、後継機のLUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II ASPH./MEGA O.I.S.が発売されている。より小型化軽量化されているため新型の購入を進める。

・リンク
Youtube LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II ASPH./MEGA O.I.S. 検索結果

コメントを残す