アマチュアムービーガイド

LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.

主なスペック
対応マウントマイクロフォーサーズマウント系
レンズタイプズーム
フォーカスAF/MF
レンズ構成9群14枚
絞り羽根枚数絞り羽根枚数 7枚 (円形虹彩絞り)
焦点距離焦点距離 12~35 mm
最短撮影距離最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率最大撮影倍率 0.17倍
開放F値開放F値 F2.8
手振れ補正機構
フルサイズ対応非対応
最大径×長さ最大径×長さ 67.6x73.8 mm
フィルター58 mm
重量305g

説明

LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.は2012年6月21日に発売された。

マイクロフォーサーズ規格対応のすべてのカメラで使うことができる。
35mm換算で24-70mm相当のレンズになり、さらにF値は2.8と常用の標準ズームレンズといえるだろう。

ナノサーフェスコーティングが施されている為、ゴーストやフレアを大幅に低減している。
AFは精度も高く音も気にならない。描写も開放からクリアで解像力も高い。重量は305gとこのクラスのズームレンズにしては、軽くコンパクトで撮影に最適のレンズといえる。

欠点としては、思ったよりボケを得ることはできないということ。センサーの問題もあるが、しっかりボケを得るならば単焦点しかない。
そして、CANONやNIKONのF2.8のレンズには敵わないということ。あそこまでの表現力を求めたら期待外れの結果になるだろう。しかし、値段は半額の為値段相応とは思うが、秀才止まりという感じの印象を受ける。

F2.8通しの標準ズームレンズで、マイクロフォーサーズ規格では必須のレンズと言えるだろう。値段は張るが、間違いのないレンズになっている。

・リンク
Youtube LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 ASPH./POWER O.I.S.検索結果

コメントを残す