アマチュアムービーガイド

SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM

主なスペック
対応マウントキヤノンEFマウント系
ニコンFマウント系
シグマSAマウント系
α Aマウント系
レンズタイプズーム
フォーカスAF/MF
レンズ構成13群17枚
絞り羽根枚数6枚
焦点距離12~24 mm
最短撮影距離0.28m
最大撮影倍率1:6.4 倍
開放F値F4.5-5.6
手振れ補正機構なし
フルサイズ対応
最大径×長さ87x119.7 mm
フィルター装着不可
重量670g

説明

SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM [キャノン用] は2011年7月29日に発売された。その後Nikon/SIGMA/SONYのマウントに対応した規格が発売された。

12-24mmの広角ズームレンズで絞り開放からシャープでコントラストも高い、画質向上の為少し絞って使うことを進める。歪曲収差については広角側の12mmではかなり流れる。どうしても気になる場合は少しだけズームして回避するしかない。12mmだと性質上仕方がないが周辺減光は顕著に目立ち、中央は明るいが四隅に行くほど暗くなってしまう。

このレンズで一番注意が必要な所は像面湾曲が目立つことだ。

超音波モーターのHSMを搭載している為AFは非常に静か。670gとずっしりとした重量感がありお世辞にもコンパクトとは言えない。フィルターを付けることができないので使用には注意が必要。

超広角でフルサイズに対応したズームレンズでは値段も手頃で映りも悪くない。逆光に弱いという欠点があるが十分満足できるレンズだろう。12mmの超広角の世界は圧巻だ。

・リンク
Youtube SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM 検索結果

コメントを残す