アマチュアムービーガイド

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

主なスペック
対応マウントキヤノンEFマウント系
ニコンFマウント系
シグマSAマウント系
α Aマウント系
ペンタックスKマウント系
レンズタイプズーム
フォーカスAF/MF
レンズ構成13群16枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離18~250 mm
最短撮影距離0.35m
最大撮影倍率1:2.9 倍
開放F値F3.5-6.3
手振れ補正機構
フルサイズ対応非対応
最大径×長さ73.5x88.6 mm
フィルター62 mm
重量470g

説明

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMは2012年6月29日 にSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMの後継モデルとして発売れた。

APS-C専用のレンズでフルサイズでは使用できないので注意が必要。

このレンズの魅力は幅広い焦点距離とマクロ機能も付いていることだろう。

35mm換算で28.8-400mmになり広角から超望遠まで幅広く映すことができる。解像力は余り期待できないが、これ1本でレンズを替えずに撮影できるので非常に便利なレンズになっている。映像を撮影する場合は最初からF6.3に絞って、どの焦点距離でも明るさが変わらないようにしよう。マクロ機能がついている為、最短撮影距離は前作より10cm近い35cmから撮影できる。さらに手振れ補正が付いているので、このレンズに死角はほとんどないだろう。

値段も手頃でオールマイティーな撮影ができるレンズになっている、これさえあればどんな場所でも撮影が可能だ。

・リンク
Youtube SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 検索結果

コメントを残す