アマチュアムービーガイド

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

主なスペック
対応マウントキヤノンEFマウント系
ニコンFマウント系
シグマSAマウント系
α Aマウント系
ペンタックスKマウント系
レンズタイプ単焦点
フォーカスAF/MF
レンズ構成6群8枚
絞り羽根枚数9枚(円形絞り)
焦点距離50 mm
最短撮影距離0.45m
最大撮影倍率1:7.4 倍
開放F値F1.4
手振れ補正機構なし
フルサイズ対応
最大径×長さ84.5x68.2 mm
フィルター77mm
重量505g

説明

50mm F1.4 EX DG HSM は2008年6月14日に発売された。

フルサイズ対応のレンズでAPS-C機にも装着することができる。

F1.4と非常に明るく、全ての基準となる焦点距離50mmで使いやすい。開放のF1.4では解像度は若干甘く、周辺減光も目立つ。F2まで絞れば解像度も増し、ボケも十分に得られ、周辺減光もある程度目立たなくなるので、このラインを基準に撮影することを進める。

描写は一貫してシャープに映す。Canon純正は開放がソフトなのでこの違いは大きい。

絞り羽根9枚の円形絞りを採用しており、ボケは玉ボケになりとても美しい。

欠点としては、AFが弱くフォーカスが合わない場合がある為信用し過ぎてはいけないこと。

フィルターが77mmと大きく値段が張ることが上げられる。

重量は505gと他社の同等レンズと比べれば少し重たいが、気にするほどのものではない。

純正の同等レンズと比べられることが多いこのレンズだが、AFと重量以外の性能はこのレンズのう方が全体的に勝っている。

AFを重視する場合は純正のレンズを進めるが、それ以外であればこのレンズを購入した方がいいだろう。

・リンク
Youtube SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 検索結果

コメントを残す