アマチュアムービーガイド

SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

主なスペック
対応マウントキヤノンEFマウント系
ニコンFマウント系
ペンタックスKマウント系
α Aマウント系
レンズタイプ単焦点
フォーカスAF/MF
レンズ構成9群10枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離90 mm
最短撮影距離0.29m
最大撮影倍率1:1
開放F値F2.8
手振れ補正機構なし
フルサイズ対応
最大径×長さ71.5x97 mm
フィルター55 mm
重量405g

説明

SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1は2004年3月12日に発売された。その後、Nikon/SONY/PENTAX用が発売された。

フルサイズ対応のレンズでAPS-C機にも装着することができる。

TAMRONの90mmマクロは非常に性能がよく、タムキューと呼ばれている。このレンズは10年以上前に発売されたレンズだが今でも使用している人は多い。

このレンズの魅力はマクロ領域の美しいボケだろう。マクロ領域では少し絞って解像力を上げての撮影を進める。このレンズでしか表現できないことが多々あり、値段も低くコストパフォーマンスが高いレンズと言えるだろう。

欠点としてはクラッチ式のAF/MFの切り替えが少しやりづらい。また、開放でもマクロ領域ではシャープさに欠ける。マクロとして使用するにはいいが、同じ焦点距離の単焦点としては解像力に欠け、マクロ以外での使用は厳しい。

現在、新型のSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDが発売されている。

旧型であるこのレンズも十分に性能の高いレンズだが余裕があれば新型を試してみてもいいだろう。

・リンク
Youtube SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 検索結果

コメントを残す