アマチュアムービーガイド

701HDV & 055CXPRO3

主なスペック
雲台プロフルードミニ雲台 701HDV
三脚カーボンファイバー三脚 3段 055CXPRO3
段数3段
耐荷重雲台 4.0kg/三脚 8.0 kg
全高650~1750 mm
縮長650 mm
本体重量雲台 0.83kg/三脚 1.65kg
付属品キャリングケース別売り

説明

701HDVはフラットベース式で、水平に調節するには三脚の脚の長さや傾きか変えることで調節する。ハーフボール型と違うので慣れるまで時間がかかる。しかし、メリットとして三脚の高さをハーフボール型よりも稼ぐことができる。ビデオ雲台にはハーフボール型とフラットベース型両方あるので、メリット、デメリットを考えて雲台を選んで欲しい。

使用感はどちら共、パンやティルトなどは滑らかに行うことができ、不満な点は存在しない。さらにこの701HDVはマンフロットのビデオ雲台の中では非常に小型、軽量な雲台となっている。小回りも利いて、さらに耐荷重4.0kgとほとんどの一眼レフカメラに対応することができる。現在、後継機のミニビデオ雲台700RC2が存在する。

三脚は055CXPRO3。カーボン製で重量も1.65 kgと非常に軽く、耐荷重も8.0kgと優秀。段数も3段あり困る事はないだろう。また、クイックセンターポール・システムを採用しており、センターポールを外さずに垂直から水平ポジションに切り替えることができる。デザイン面でも人間工学に基づいたデザインを採用し、従来の物より操作性が向上している。機能面及び携帯性で非常に優秀な三脚といえるだろう。値段はアルミニウム製と比べて少々張るが、値段以上の価値がある。

701HDVと055CXPRO3の組み合わせは、携帯性を非常に重視した組み合わせになっている。

コメントを残す