アマチュアムービーガイド

編集をする前に必ずチェックすべき2つの映像表示方式

watch-tv-301528

動画撮影設定時で「1080i」、「1080p」や「30p」、「60i」と表示される場合がある。
このi(インターレース)とp(プログレッシブ)の違いは何か簡単に説明しようと思う。

インターレース(interlace, interlaced scan)

インターレース方式とは、1フレームを偶数フィールド、奇数フィールドの2枚の画像に分けて構成し、それを交互に表示する走査方式。
フレームレート(fps)が実際のコマ数の倍になる。
動画設定画面では「1080i」「60i」などで表示されており、主にテレビ放送で使われている。
これによって、動作を滑らかに見せる作用がある。
しかし、場合によっては画面にちらつきが出る恐れがあるので注意が必要。
※インターレース方式は、飛び越し走査と呼ばれることもある。

プログレッシブ(progressive,progressive scan)

プログレッシブ方式とは、1フレームを一枚の画像によって構成する映像の走査方式。
fpsと実際のコマ数が同じになる。
動画設定画面では「1080p」「30p」「60p」などで表示されており、主にテレビ放送以外で使用されている。
解像度がインターレース方式の物よりも高い。
インターレース方式と違い、画面のちらつきは出ないが、同じfpsの場合動きの滑らかさでは劣る。
※プログレッシブは、ノンインターレース(noninterlace scan)と呼ばれることもある。

最後に

一眼レフカメラの多くはプログレッシブ方式(1080p,720p)のみで動画は収録するものが多い。
逆に、ビデオカメラの場合はプログレッシブ方式ではなく、インターレース方式(1080i,60i)で収録されるものが多い。
この二つのカメラで撮影した映像の編集を行う場合は、インターレース方式で撮影された映像をプログレッシブに直す必要がある。
インターレースを解除しないと、画面がちらついてしまうので編集する際は1つの素材ごとに必ずインターレース解除をしよう。
基本的にはp(プログレッシブ方式)で撮影すれば間違いない。

コメントを残す