アマチュアムービーガイド

カメラと写真映像のワールドプレミアショー CP+ 2015

CP+

CP+は、2015年2月12日(木曜日)から2月15日(日曜日)まで開催されている、カメラの祭典だ。実際に新しいカメラや機材に触る事ができるなど、映像の分野でカメラを使う私達にも非常にありがたいイベントとなっている。
開催場所は「みなとみらい駅」すぐ側のパシフィコ横浜。会場も広く非常に賑わっていた。周りを見渡すと年齢層は高めで男性の姿が目立つ。

映像一眼レフユーザーであれば、今回の目玉は間違いなくCANONの5Ds/5DsRとオリンパスのOM-D E-M5 Mark IIだろう。

CANONは2015年2月6日に新商品を発表した。このCP+では実際にそのカメラに触る事が出来た。実際のその仕様を触った感想を踏まえて紹介しよう。

Kiss X8i

Kissシリーズの最新作で4月下旬に発売予定のカメラだ。最近のKissシリーズの1800万画素から2420万画素に進化している。さらに、ISOの設定は100 200 400 800 最高12800となっており、12800が新しく追加された。
ファミリー向けのスタンダードエントリーモデルとなっているKiss X8i。Kiss X7iから間違いなく進化しているが、映像には特にISO設定が一段階ずつと向かない。

8000D

8000DはKiss X8iと同じく発売日は4月下旬。Kiss X8iと違い30代以上の男性をターゲットとした、プレミアムエントリーモデルとなっている。
このカメラは非常にKiss X8iと似通っている。違いはカメラ左上部のISOなどを表示する液晶の有無と一部機能の違いがあるが、映像の観点から見ると左程変わりはない。
映像向けでの使用はお勧めしないが、写真メインでの使用であれば8000Dをお勧めする。

5Ds

5Ds/5DsR

今年発売するCANONの目玉カメラで間違いないだろう5Ds/5DsR。
その違いは、5DsRはローパスキャンセルになっている点だ。
さらに、画素数が約5060万画素と非常に高画素モンスターカメラとなっている。このカメラは高画素故に、わずかな振動で写真のボケが発生してしまうことがある。
操作性は5DMarkIIIと似ており、5DMarkIIIを使ったことがあるユーザーなら非常に使いやすいカメラだ。
しかし、映像の観点から見るとそこまでの高画素カメラを求めるかと言えば間違いなくNOだ。
なぜなら、5Ds/5DsRは写真向けのカメラとして設計されているからだ。
まず、4Kに対応していないこと。さらに5DMarkIIIと違いHDMI出力ができないからだ。
約5060万画素という高画素センサーで撮影された映像といえど、5DMarkIIIのHDMI出力による非圧縮の映像には敵わない。確かに、タイムラプス機能は魅力的だが、その機能だけでは決定的な購入動機にはならない。
映像メインでの使用の場合は5DMarkIIIや1D-Cなどのカメラを選ぶべきだ。

オリンパスは今回5段階手振れ補正機能を搭載した。OM-D E-M5 Mark IIを発表した。
このカメラの体験ブースは非常に人気のブースとなっており、ユーザーの期待が伺える。

オリンパス

OM-D E-M5 Mark II

E-M5 MarkIIは私達が最も注目したカメラだ。
このカメラには5軸手振れ補正機能が搭載されている。この機能は動画撮影時にも有効な機能で、一眼レフ最大の欠点である手振れを抑えることが可能だ。
その性能は非常に高く、リグなどを使わずに手だけで持った状態でも非常になめらかな映像を撮影することできる。
4Kにこだわらないのであれば、今最もお勧めするカメラだ。

またリコーイメージブースでは、フルサイズ一眼レフのアンベールが発表された。実際に触る事はできなかったが、今後の発表に期待だ。

CP+は明日15日(日曜日)も開催している。土日はアウトレットセールがあるので、三脚やストロボなどの製品をお手頃価格で購入が可能となっている。
カメラに触ってみたい方、アクセサリを購入したい方、新商品に興味がある方は是非、足を運んでみてはいかがだろうか。

コメントを残す