アマチュアムービーガイド

動画用一眼レフカメラ最強か!?α7RII(ILCE-7RM2)

a7r2

現地時刻で6月10日、SONYからα7Rの後継機となる、α7RII(ILCE-7RM2)が発表された。日本ではまだ発売日など発表されていないが、海外では8月に約3,200ドル(日本円1$=120円換算 約384,000円)で発売する予定となっている。

α7R II

α7RIIは約4,240万画素の裏面照射型フルサイズCMOSセンサー搭載したミラーレス機だ。
最高感度はISO 102400。
また、α7Sでは外部出力のみだった4K動画の収録をカメラ本体で行うことが可能になっている。
4K内蔵収録でのビットレートは100Mbps、FHDでは50Mbpsが最高となっている。
そして、α7IIで搭載された5軸手ブレ補正のシステムも勿論搭載されている。
裏面照射型のセンサー構造に、回路規模の拡大や配線設計の変更も加え、CMOSからのデータ読み出しはα7R比で最大約3.5倍に高速化。
それにより、AFの速度も40%向上した。
AFのポイントは399点、これは世界最大数である。
α7Sでの4K外部収録の問題や、α7IIからの5軸手振れ補正搭載など、かなりユーザーの要望に応えたモデルになっている。

まとめ

「α7RII」有効画素数が約4,240万画素と高画素カメラとなっており、センサーのピッチが狭くノイズが載りやすいことが懸念される。
そこは、ノイズを抑えることができるという裏面照射型フルサイズCMOSセンサーに期待したい所だ。
しかし、それ以外のスペックは全く申し分無いだろう。
ライバル機となるのは、同じく4Kを内蔵収録できるGH4になるが、センサーサイズや機能および価格が全く違うため、完全に個人の財力の問題となるだろう。
一眼レフ動画ユーザー待望のスペックを積んだ、フルサイズミラーレスカメラ「α7RII」日本での発表が気になる所だ。

SONY α7RII 海外公式サイト

参考動画

コメントを残す