アマチュアムービーガイド

[Inter BEE 2016] 気になる機材レポート ~撮影機材編~

InterBee2016

先日の11月16日 (水) 国際放送機器展 “Inter BEE“(インタービー)が開幕した。
このイベントは11月18日 (金)まで連日開催される。
“Inter BEE“とは International Broadcast Equipment Exhibition の略で、業務向け映像および音響機器に関する国内最大のイベントだ。
様々な最新機材や技術、情報が国内外より集められ展示されている。

入場は事前にInter BEEの公式HPで登録を行うことで無料で入場することができる。※会場でも登録できる。
登録の際に記入した内容と個人を判別するためのQRコードとバーコードが記載されたPDFが発行される。
PDFを印刷することは会場でもできるが少々時間がかかるので、事前に印刷しておいたほうが無難だ。

さて、その中で今回気になった機材について紹介しようと思う。

Libec 平和精機工業株式会社

Libecブースでは最近発表された自立式の一脚が展示されていた。
その名もHFMP -HANDS FREE MONOPOD- 

Libec HFMP -HANDS FREE MONOPOD-

HFMP -HANDS FREE MONOPOD- は自立式一脚だ。

この一脚の特徴はなんといってもフットペダルシステムを搭載していること。
hfmp-3

hfmp-4

銀色のフットペダルを踏むことでロックを簡単に解除することができ、前後左右自由に動かすことができる。
また、もう一度踏み込むことでロックされ、その場で自立固定される。
フットペダルは一脚の円周3カ所に均等配置されているため、どこからでも自立の固定と解除を瞬時に切り替えることができる。
従来品は手で操作する必要があったが、HFMP足で簡単に操作できるため、クイックな撮影が求められる現場での大いに活躍すること間違いなし。

パンもボールジョイントにより滑らかにすることができ、全体的に非常に使いやすい印象を受けた。

値段は動画用のヘッドが付属しないHFMPでメーカー公式22000円(税別)
動画用のヘッドが付属するHFMP KITでメーカー公式37000円(税別)
とお値段も中々お手頃。

発売は2017年2月を予定しているという。

その他スペック詳細は公式HPをチェックして欲しい。

浅沼商会 IFOOTAGE

浅沼商会のブースではIFOOTAGE社の一脚 MOGOPOD が展示されていた。

IFOOTAGE MOGOPOD

MogoPodは2015年7月より販売されている一脚でamazonにも在庫があった。
収縮自在の多目的動画用一脚で、使い方次第でいろいろな用途に使える。
特に縦方向に簡単に伸ばすことができるのが特徴で、擬似クレーン及び別途購入のローラーを装着することで擬似スライダーとしての活用もできる。

下記に参考動画を載せておいたので是非見て欲しい。

MOZA

MOZA社のブースでは一眼レフ及びシネマカメラ用のジンバルが展示されていた。

シネマカメラ用のMOZA Pro と 一眼レフカメラ用の MOZA LITE 2 だ。

MOZA Pro

moza-pro

MOZA PROは主にシネマカメラを搭載する目的のブラシレスジンバルだ。

操作感と見た目はD○I社のR○NINに似ている。

シンプルな見た目になったR○NINといった感じだろうか。

moza-pro-2

別売りWifiを使用したコントローラーが付いており操作は非常に簡単でやりやすい。
値段も$ 199と思ったよりお手頃。
オペレーターが一人で操作できるコントローラーはありがたい。

MOZA Lite 2

moza-lite-2

MOZA LITE 2は前作のMOZA LITEの後継機。
主に一眼レフカメラを搭載する目的のブラシレスジンバルだ。

これぞまさにシンプルなR○NINではないか!?

同じく別売のコントローラー対応のため、この部分のオペレーションではこちらに軍配があがる。

公式動画もあったので下記に掲載しておく。

その他2点の詳細は公式サイトを確認して欲しい。

株式会社玄光社

玄光社のブースではビデオSALON等会場限定特価で書籍の販売を行っていた。

バックナンバープレゼント

video-salon

videosalon

毎回来場者に嬉しいプレゼント企画をしているのが、玄光社だ。

なんとメルマガ登録でビデオSALON等のバックナンバーをもらうことができる。
ありがたいことに先月号もあり、このブースに行くだけで交通費分にはなるのではないだろうか。
メルマガ登録も非常に簡単で、来場用の入場PASSにあるバーコードを読み込ませるだけでオッケー。

Inter BEEに来てここに行かない理由は無い。

まとめ

ここで紹介した機材は非常に少なく、展示会には他にも様々な機材が展示され実際に触ることができる。
また、メーカーのスタッフが近くにいるので、気軽に質問することができるのも魅力だ。
最新のカメラや機材を触ることができる貴重なイベントなので、行ったことがない人は是非来年足を運んで欲しい。

前回の記事 [Inter BEE 2016] 気になる機材レポート ~ドローン・カメラ編~ はこちら

コメントを残す