アマチュアムービーガイド

[Inter BEE 2015] 気になる機材レポート

interbee2015

本日11月18日 (水) 国際放送機器展 “Inter BEE“(インタービー)が開幕した。このイベントは11月20日 (金)まで連日開催される。
“Inter BEE“とは International Broadcast Equipment Exhibition の略で、業務向け映像および音響機器に関する国内最大のイベントだ。
会場は「映像・放送関連機材部門」、「プロオーディオ部門」、「プロライティング部門」、「ICT/クロスメディア部門」の4部門で構成されており、様々な最新機材や技術、情報が国内外より集められわかりやすく展示されている。

入場は事前にHPより登録を行うことで無料で入場することができる。※会場でも登録できる。
登録の際に記入した内容と個人を判別するためのQRコードとバーコードが記載されたPDFが発行される。
PDFを印刷することは会場でもできるが少々時間がかかるので、事前に印刷しておいたほうがいいだろう。

さて、その中で注目した機材について紹介しようと思う。

Blackmagic URSA mini4.6K

ursamini

Blackmagic Design(以降BMD)といえば最近、5インチFHDモニターVideo AssistやURSA mini4Kが発売、出荷され話題になった。
しかし、このURSA mini4.6Kは未だに出荷予定が未定。
スタッフの方にお話を聞いたところ残念ながら年内の発売は間違いなく無いとのことだ。
URSAmini4.6Kの魅力は、広いダイナミックレンジとその名の通り4.6Kで映像をRAW及びApple ProResにて収録できるところだ。
フレームレート(FPS)は4.6KでMAX60fpsで収録できる。
4.6Kでの注意点として、RAW収録については可逆圧縮での非圧縮出力が可能だそうだが、その際のRAWのデータは非常に重たく現在発売されているCFast2.0カード1枚では記録が追いつかない場合が出てくる。
※URSAmini4Kでは4KRAWの為問題は無い
その際は、デュアルスロットを利用してCFast2.0でRAIDを組み収録する必要がある。
RAW4.1収録でのみこの問題があるらしく、圧縮されるRAW3.1収録であれば問題はない。
ursamini01
実は初めてURSAmini(URSAも含む)の操作をしたのだが、一番の感想はスイッチが無いのは少々やりにくいということ。
BMDのカメラの操作はスイッチ等で弄れる部分は少なく、現場での設定などは基本タッチスクリーンで行う。
慣れれば問題ないのかもしれないが、クイックに操作できるPXW-FS7などの方が使い勝手は良さそうだ。
しかし、操作性以外の問題点は見つからないほど素晴らしいカメラになっている感じた。
どこを重要視するのかがどのカメラにも言えるが大切だろう。

Blackmagic VideoAssist

最近出荷が開始されたばかりの5インチFHDモニター、SDでのProRes60p収録が可能で価格が税込み6万円代と非常に魅力的なモニターだ。
また、アップデートにより、ピーキング機能、アイリス設定用のゼブラ表示、ズーム機能が追加され更に使いやすくなった。

SONY PXW-FS5

fs5

本日11月18日の“Inter BEE“開幕と同時に発売されたSONY PXW-FS5
これが今回の目的だったりする。
立ち位置的にはPXW-FS7NEX-FS700の丁度中間に位置する機種とのこと。

魅力はなんといってもその軽さだろう。
非常に軽量でこの写真を撮影した5DMarkIIIよりも軽かった。
さらに機能も充実で4K30fps収録、FHD240fps(8秒トリガー有り)もできる。
トリガーはFS700と同じくスタート・エンド・アウトの3つが存在し、記録方法もFS700と同じくrec終了後書き出しを待つ形となる。
240fpsは魅力的だが記録を待たなくてはならないのでその部分はFS7の180fpsが羨ましい。
しかし、120fpsであればトリガー無しでSDの容量の限界まで収録できるのでそちらをメインにしたほうがいいだろう。

DJI OSMO

osmo

これまた最近話題の機材、OSMO。※DJI OSMO公式HP
スペック等は公式にて参照していただくとして、使用した感想のみ書かせていただく。

非常に軽く滑らかに動作した。この一言に尽きる。
全体的にストレス無く使え、ボタン等も少なくので一度使えば全て理解することができるだろう。
映像としてはジンバルらしい空中に浮かんでいるような映像を撮ることができるので、初心者にも是非おすすめしたい。
ジンバルやドローンの映像は1カットあるだけで作品のクオリティを飛躍的にあげることができるので是非検討してほしい。

なお、今後のことを考えると安いX3ではなく、センサーサイズが4/3のX5以上のものを選んだほうがいいかもしれない。

Z-cam E1 Camera

E1

一時期話題になった、非常にコンパクトで4K収録可能なレンズ付け替え式カメラのZ-cam E1 Camera
センサーサイズが4/3でマイクロフォーサーズマウントのレンズを付け替えて使用できるのが最大の魅力。
ライバル機は間違いなくGoproだろう。※スタッフさんも言っていた
しかし、レンズの面やセンサーサイズの面でこちらのほうが様々な用途で使い分けることができ非常に便利そうだ。

記録時間の目安はバッテリーの関係で4Kで40~50分、FHDで80~100分だそうだ。
十分ドローンなど等で活躍できる時間収録できる。

E1_02 E1_03

専用アプリ及び、ボディのスイッチで記録設定などを変更することができ、アプリはGoproと同じような操作感だったが、ボディのスイッチでの操作は非常にやりやすくGoproに勝る部分だ。

PILOTFLY H1+

PILOTFLYH1+

今回初めて知った32bit 3軸ブラシレスジンバル PILOTFLY H1+。

耐荷重は約1.1Kgまでと公式ではなっているようだが、このように5DMarkIII(このレンズだと1.5kgほど)も搭載できるようだ。
もう一台はa7RIIが載っていたので、基本的にはa7シリーズやGH4などの軽量機のほうがいいだろう。

32bit制御システムということもあり、動作は滑らかで安定した動きを確保できた。
ある意味でOSMOがライバル、価格もOSMOと同じぐらいなので使用機種によっては悩む部分も出てくるかもしれない。

ただ、重量というか載っているカメラの問題で非常に持ちにくかった。
a7RIIではちょうどよかったので、重心を意識してジンバルの下にモニターなどをつけるほうがいいと思う。

まとめ

昨年も参加した“Inter BEE“だが、やはりターゲットは間違いなくプロフェッショナルがターゲットで非常に高価な機材が殆どだ。
その中で学生やアマチュアが買える機材は限られてくるだろう。
しかし、DSLRなどだけではなくプロフェッショナルが使っている機材にも目を向けてほしい。
彼らが理由無く高い機材を使用するわけでは無い、全て理由あってのことだ。
このような中々触れるチャンスが少ないであろう機材や、最新の技術、情報が集まるイベントは少ない。
なので、この機会に是非幕張メッセの会場まで足を運んでほしい。

最後に、本日中または明日の明け方までに“Inter BEE“で貰えた無料配布物についての記事を投稿する予定なので会場に行く前に読んでほしい。

関連記事

コメントを残す